ソニーミュージック|洋楽 note

レコード会社ソニーミュージックの洋楽セクションのnoteです。アーティスト最新情報はじめ、音楽の楽しい話をお届けします。

🖋️アーティスト徹底解説

魅力を徹底解説!アーティストや作品の深堀り記事をまとめました!

ビヨンセとグラミー賞:音楽ライター池城美菜子が紐解く

思い切っていう。グラミー賞選考委員会はビヨンセについて行けていない。    このページを覗きにきてくれた人は、「ビヨンセ、好き」なのは前提として、「ビヨンセになりたい」と思う人は、どれくらいいるだろう。「ビヨンセにはなりたくない」なんておこがましいけれど、実際、私はそう感じている。だって、世界最強のスター、ビヨンセで居続けることは、めちゃくちゃ大変そうだから。  3月14日に行われた第63回グラミー授賞式を観ながら、その想いを強くした。この夜、ビヨンセは9部門でノミネートさ

スキ
192

読めば納得!人気HIPHOP YouTuber, Shama Stationが【HIPHOPが生んだロックスター、トラヴィス・スコット】の世界的人気の謎を徹底分析!

“If I take you to my past, you will be traumatized.” 俺の過去を味わったら、お前はトラウマになるだろうな - “STARGAZING” Spotifyのマンスリーリスナー4500万、マクドナルドとの限定コラボフィギュアは570万円のプレミア価格が付き、ライブは毎回即完売、いま世界中の若者が熱狂するアーティスト、トラヴィス・スコットとは一体何者か。テキサスの犯罪多発地帯に生まれ、一時はホームレスになるもやがて時代を塗り替える

スキ
970

ノエル・ギャラガー ソロ10周年に寄せて ~前編 ”ノエル・ギャラガー” はOASISで何を果たし、今ソロを歩むのか? 音楽ライター:妹沢奈美さんが考察

ノエル・ギャラガーが、ソロ・プロジェクト<ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ>を始動させてから、今年2021年で10周年を迎えました。 ”ハイ・フライング・バーズが10周年!?まじかよ!・・・その間に他にどれだけのことができたことか!!(NG)” 6月には、これまでのソロ・キャリアを網羅し、未発表音源もこぞって収録されたベスト盤アルバム『バック・ザ・ウェイ・ウィー・ケイム:Vol 1(2011-2021)』を発表し、全英チャート1位を記録。 これによりノエル

スキ
124

ポーター・ロビンソンをこれから聴くあなたに知ってほしい、日本愛に溢れた5つの歩み

アメリカ出身のプロデューサー、ポーター・ロビンソンが先日、実に7年振りとなる自身名義での最新アルバム『ナーチャー』をリリースしました。今回はポーターにインタビューした経験もあるDJ/キュレーターのTJOさんに、今作とそれに至るまでのポーターの日本愛を語ってもらいました。 これほどまでに日本への愛と音楽への優しさに満ち溢れた海外アーティストがいるでしょうか? 彼の楽曲の素晴らしさは世界中を魅了し、特に我々日本人の琴線に触れるポイントが沢山あります。その理由を探っていくうちに

スキ
61

スタッフが語り尽くす!

スタッフが語るプロジェクトの裏側~アーティストの素顔までの記事をまとめました!これを読めばさらにアーティスト&作品への愛着が湧きます♡

世界的スーパー・ガールズ・グループ【リトル・ミックス】、活動10周年記念!担当スタッフが語るエピソードとともに魅力ある軌跡を振り返る!

今や世界的ガールズ・グループとして絶大な人気を博すリトル・ミックスが、2011年にイギリスのオーディション番組<Xファクター>で結成されてから、今年10周年を迎えました。 様々な逆境を乗り越えながらも、音楽史に残る数々の快挙を成し遂げ、今や洋楽シーンでも唯一無二の存在となった彼女たち。この10年で、彼女たちはどう成長し、ポップス界の頂点へと上り詰めたのでしょうか? 改めてリトル・ミックスの魅力を、ライター村上ひさしさんに解説して頂きました。デビュー当時より日本でリトル・ミ

スキ
45

梅雨の鬱憤を吹き飛ばす🔥 スタッフがオススメする激アツロック🤘爆音再生のススメ

みなさん、もうすぐ7月ですね。梅雨のじめじめした気候やGW以来祝日もなく息抜きしにくい感じで、気持ちダウナーになっていませんか? そんな日頃の鬱憤を、【爆音で音楽を聴く】という行為でもって吹き飛ばしましょう!今回は、“爆音再生のススメ”ということで、大音量で爽快感がアップするロック…とりわけハード・ロック/ヘヴィ・メタル/ラウド・ロックに軸を置いてご紹介します! なんと、最新の研究で “ヘヴィ・メタルを聴くことで血圧を下げストレスを軽減するのに役立つ” という興味深い結果

スキ
60

フー・ファイターズのオリジナル日本酒 【半宵】🍶お酒がより一層しみるかも!?関係者が語るエピソード&裏話

★はじめにーフー・ファイターズの最新アルバム『メディスン・アット・ミッドナイト』のリリースを記念して発表され、音楽ファンのみならず大きな反響を集めたオリジナル日本酒【半宵(はんしょう)】。碧/銀の2種類がラインナップされ、セット販売となったスペシャル・ボックス・セットが即完売、その後あっという間に初回生産分が市場から姿を消してしまったものの、現在は再生産がなされ入手も可能となりました。 さて、皆さんの中には“なぜフー・ファイターズが日本酒を?”というふうに思った方もいらっし

スキ
66

ノエル・ギャラガー ソロ10周年に寄せて ~後編 歴代スタッフが語る!”ノエル・ギャラガー” の素顔について!

ノエル・ギャラガーが、ソロ・プロジェクト<ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ>を始動させてから、今年2021年で10周年を迎えました! そんな10周年を記念したソニー・ミュージック洋楽noteでのノエル・ギャラガー特集ですが・・・ 後編は、ノエル・ギャラガーを担当ディレクターとして最も近くで見てきた3人が、ノエルのソロ・デビュー10周年を記念し貴重なエピソードを語る座談会をお届けします。前編に引き続き、座談会の進行&執筆は妹沢奈美氏におこなっていただきました!

スキ
68

🎶おススメの〇曲

シチュエーションにピッタリのおススメ曲を紹介します!

母の日に🌹 お母さんと一緒に聴きたい洋楽5曲

もう母の日のプレゼントは準備しましたか? もしまだだよ、悩んでるよ、って方! 一緒にYouTubeで音楽を聴くなんてどうでしょう? 今年は直接会えないよ、って方は、リンクをLINEするだけでも気持ちが伝わるハズです! 今の気分にピッタリな曲がみつかりますように… 1. お母さんと癒しの時間を過ごしたい人に… P!NK, Willow Sage Heart “Cover Me In Sunshine”“太陽をいっぱい浴びさせて 楽しい時間で溢れさせて 地球はずっと変りな

スキ
13

あのホイットニー・ヒューストンの「エンダァーーーイヤーーー♪」も結婚式では使用NG?! 意外と本当の意味を知らないウェディングソング3選

結婚式という人生の一大イベントを迎える皆さま、おめでとうございます。心からお慶び申し上げます。 挙式を控えたカップル=通称「プレ花嫁」「プレ花婿」さん が悩んだり、迷ったりすることのひとつが、結婚式や披露宴で流すBGMです。 2人の思い出の曲や家族や友人との懐かしい曲が多すぎて選びきれない、花婿と音楽の趣味が合わず喧嘩になる・・・などなど。(ちなみに花婿がヘヴィメタル好きでどうしてもBGMに使いたいと断固として譲らなかったというカップルは、新郎新婦入場の場面だけヘヴィメタル

スキ
56

カルヴィン・ハリス、マーティン・ギャリックス、今年の夏を彩るために押さえておきたいサマーチューン🌅🏖

あなたはどんな音楽を聴いて今年の夏を演出しますか?2021年の夏をより良いものにするために、今回の記事ではダンスミュージックを中心にコンパイルしたSpotify/Apple Musicプレイリスト「Dance All Day」のサマーチューン特集を紹介したいと思います。さらに今夏チェックすべき注目の5つのアーティストの代表曲と新曲をDJ/キュレーターのTJOさんが解説してくれました。 1. カルヴィン・ハリス やはり夏といえば「サマー」は外せないでしょう。EDMムーヴメント

スキ
64

"シティ・ポップ好きなあなたにもオススメしたい、時代を超えて愛されるAOR5選" 〜ボズ・スキャッグス、ネッド・ドヒニー、ペイジズ、ナイトフライトからジョン・メイヤーまで〜

ポップス・シーンにおける80's、90'sリバイバルの大ヒット、さらに動画配信サイトや音楽サブスクリプション・サービスの影響もあって、いまや誰もがいつの時代の音楽にも「古い/新しい」の壁を取っ払って並列に触れる事ができるようになりました。近年重要なキーワードとして取り上げられる事の多くなった音楽ジャンル「シティ・ポップ」はまさにこういった流れの中で注目され、過去の音楽の総称としてだけでなく、その影響が次世代の奏る音楽にも引き継がれています。 今回の記事ではシティ・ポップにハマ

スキ
107

🎻楽しいクラシック

クラシック音楽は敷居が高い!ーそう思っている方はいらっしゃいませんか?それはちょっとした思い込みかもしれません。楽しいクラシックのトリビアをご紹介していきます。

ベートーヴェン、ショパン…絶対に聴いたことがあるクラシック名曲の誕生ストーリー3選

クラシック音楽は敷居が高い!ーそう思っている方はいらっしゃいませんか?それはちょっとした思い込みかもしれません。  今回のnoteでは「曲名はなんとなく知ってる」とか「このメロディ知ってる」という《どこかで絶対聴いたことがある あのクラシック名曲》の知っているとちょっと嬉しい誕生ストーリーをご紹介します!作品の裏側に隠れているストーリーを知ると、曲の聴こえ方も違ってきます😊          * * * ♬ダダダダ―ン で知られる名曲!タイトルの由来は? ●ベートーヴェ

スキ
144

元日恒例!ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートを10倍楽しく見るトリビアをご紹介!

日本で一番視聴率が高いテレビ番組といえば「NHK紅白歌合戦」ですが、世界で一番多く視聴されている番組をご存じでしょうか? …それこそが、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(以下ウィーン・フィル)の「ニューイヤー・コンサート」なのです!お正月元日の夜、なんとなくチャンネルを合わせていると、ふとものすごく豪華なコンサートの様子が映っているのをご覧になったことがある方、決して少なくないのではないでしょうか。毎年1月1日に世界90か国以上に生中継され、5000万人以上がクラシック音

スキ
60